Créer mon blog M'identifier

他人のために一輪の花を開く

Le 17 octobre 2016, 06:41 dans Humeurs 0

国学大師南怀瑾「藤の花とブドウ藤』であるストーリーを話しました:1つの若い人のベランダに植えたずらりと藤の花は、枝葉が次第に成長、夏に掛かるは二階の間に形成された美しい緑の葉のカーテン。若い人を取り合って何度枝葉で木組み固定、太陽をブロックの手伝いを屋内暑さが、そうやってけちで断念。

第二年春、若い人はベランダで満開の藤を鑑賞する時、突然発見した数本のブドウの藤は彼のベランダに登ってよじ登っます。見て、1つの女の子は彼に対して笑みを向けて。もと、階下家は彼の栽培する藤花に感謝するために夏の日差しを遮って、だから葡萄を植えるのは返報としています。

藤の清香の香り、1樹のブドウのおいしい。それは人々に告げる:贈る人の手が殘香;受人バラ、同じ香り。私達はすべて1つの心の花園、自分の生命、光り輝く自分の同時に他人にも愛の香りがあふれていることをあげます。

くれるの日、私は窓をたたいてあんなにたくさん愛されて、自分の好きな文字、楽しみの文学創作美しい人生。今朝出勤して、受付新しく来た若者の束を渡してくれ样刊新聞雑誌を開けて見ると、私は期せずして、その中はどんな一通一通新聞のほか、も編集手書きの手紙。自分は黙って読んでいたように、花のように文字の紙の上で起伏した酔わせる香り、私に見とれて、まるでは感じることができる相手手文字で言葉にタッチ温度。

私はずっと懐かしいあの文字は流れが指の歳月、彩箋手紙を入れる、サカツラガン伝書、演繹いくらちっく物語。慌ただしいつかの間、ネットワーク连絡ショートカット、携帯電話のメール、マイクロ手紙が氾濫し、私たちから離れた紙とペン交流の機会は、どこを探している手紙の?今は、文字通りの翼、見知らぬ人、遠隔き一輪の花の香りを伝達して前に立ちこめるに溢れ、誠実、この横切る、上調子の都市の中で、最も親密な暖かい感じ。

月曜日の通勤途中、バス寄港駅後、ごま塩髪のおばあちゃん、私は立って彼女を呼んだ、おばあさんは笑って「ありがとうございました」と笑った」。彼女は腰をおろした後、頭を下げ始め、自分のかばんを取り出し始め、手を出して、1つの手の手の工芸品は私に渡して、「ありがとうございます!」私は意外に、あわてて敬遠:「おばあさん、ご丁寧に席を譲るべきではないのだが、私はあなたのもの。」おばあさんは怒ったと言う:「定年後は清閑、自分が家でやった、人に席を譲ってくれたらありがとう。!女の子、あなたが要らないならば、私は怒ることです。」

おばあさんの気持ちを受け取ってプレゼント、私は心がすべて化してすべて化しました。譲位は私たちにとって、恩に感恩、多くの人が欠けている。祖母ようで一つ一つビーズとガラスの線は刺し連ねての色とりどりのアジサイの作品で、私は気に入って手放せない。目的駅に着いて、私はおばあさんとお別れをしました。おばあさんはにこにこと私に「さようなら」と言いました」。

この春先の朝、出会って1人のかわいいおばあさんに出会いましたため、私は心が光り輝いて、美しくて、人を幸せにする涙を流したいです。私は1首の歌《私たちはすべて1つの花です》を思い出します:“私達はすべて1つの花で、自分の形があります。見て、すべてがあまり同じで、しかしすべて同様に暖かい必要がある。その温もりはお互いには、本当に、あなたは等しい仕返しを得る……」

時は静かにして、歳月は穏やかで。紅塵跋渉、日常生活の中の1回の席席を譲って、1回の挨拶、1つのほほえみ、1回の手引、1回の道案内、1元寄付金を寄付する……一つ一つの美しいは魅力的な花も、幸せの感じを与えられるといい、殘って1つの心の間に、約束を他人に開花、あなたは発見して、与えることの喜びを更に私たちは人生には、香りが。

ある一週間 其ノ二

Le 9 septembre 2016, 06:27 dans Humeurs 0

ある雨の降る日でした。

得意先の管理会社から電話がありました

「安否確認お願いします。2件あります。集合住宅の同じ棟です。」


僕はあらゆる事態を想定して全ての解錠工具を車に積み現場に向かいました。

現場に着くと管理会社、警察、親族と思われる方、自治会の方などたくさんの方々がいらっしゃいました。



・・・



1件目 
僕は管理会社と警察の許可を得て解錠しました。

扉を開けると中はものすごく暗く、玄関近くは日用のもので溢れてかなり荒れていました。
死臭はしていなかったので恐らく中に人はいないか、もしくは亡くなられてからかなりの時間が経っているのだろうと思いました。

警察の方がその部屋の住人の名前を呼びながら中に入って行こうとしたときでした。
玄関から1歩入ったくらいで突然警察の方の動きが止まり
「・・・亡くなられております・・・」
と言いました。

僕は何がなんだかわからずに警察の方が見ている視線の先を見ました。
言われなければ 人 だとわからないほどの悲惨な御遺体でした。

悲鳴と怒号が飛び交っていました。



2件目
1件目が少し落ち着いてきたときに管理会社の方が
「次、お願いします」
と言ってきました。

僕は警察の方と管理会社の方と自治会の方の後についていきました。

解錠の許可を得て扉の前に立ち解錠を試みているとどなたかの
「ひょっとして部屋の中におらんかも知れんなあ・・」
との声が聞こえてきました。

続いて
「ジャンプ(夜逃げ)しとるんとちゃうか?」
と別の人がいっておりました。
恐らく楽観的にこの部屋の人の生存に一縷の望みを託していたのでしょう。

僕は黙って解錠していればよかったかもしれませんでしたが
「・・・恐らく・・・もうすでに・・・亡くなられて・・・」
と言いました。

「なんでそんなんわかるの?」
との問に
「かすかに死東芝 冷氣機臭が・・・」
と答えると同時くらいにカギが開きました。

警察の方が部屋窗口式冷氣機比較の中に入って行きました。

「・・・亡くなられ窗口式冷氣機比較 ております、至急・・・」

と無線で連絡をとっておりました。

僕らの人生は幻か

Le 2 septembre 2016, 11:52 dans Humeurs 0

「なあ、夕飯、お好みでいい?」

 「え?お好み焼きはおやつだろ。ご飯に代わりにはならないよ」

 「なんでやのん。じゅうぶん夕ご飯やんか」

 東京生まれ東京育ちの僕と、尼崎生まれ尼崎育ちの家内との間には、当然、文化摩擦があった。関西人であれば、家内の意見は何ら違和感がなく、僕がとてもわがままな亭主に見えることだろう。しかし、東京の人間であれば立場はまったく逆になるはずだ。

 「なあ、豚小間でいいから、豚肉のカレーつくってよ」

 「いやや、何でカレーに豚を入れなあかんねん。カレーは牛や。百歩譲ってもかしわやな。豚はちょっとランクが落ちるねん」

 「そんな。君、お好み焼きには豚肉入れるじゃないか」

 「あれはいいねん」

 まったく些細なことではあるものの、それは双方譲れぬ言い分であった。加えて家内の場合、両親が共に沖縄県名護市の汀間出身であり、関西文化の底流に根強く沖縄の文化が根付いており、これが話を余計にややこしくさせるのだった。しかし、そのややこしい掛けあいが煩わしいかといえば、僕らはそれを楽しんでいた感もあり、そういう文化の違いは我が家に咲いた初めて見る花のようなものでもあった。

 ある日、家内は「あんなあ、私、通信の大学を受けてみようと思うんやけど」と言って、新聞広告を持ってきた。三人兄弟の長女、大学に行きたくても、親はない袖は振れなかった。学問も地盤もなかった両親にとって、その生活が決して楽ではなかったことは、自分の両親を見ていても十分に想像がついた。ましてや、家内の後には妹と弟が控えている。青春時代に断念した夢を、40歳を過ぎて納得できる形でケリをつけようとしているのだ。足が不自由であった家内のただひとつの心配は、夏場に通学が必要であるということだった。

 「いいがな。そんなん、俺が車で送ってやるよ」

 「仕事はどうすんのん」

 「そんなの適当な理由をつければいいがな。なんだったら事情は話してもいいよ」

 そもそも僕が車の免許を取ったのは、障害者手帳を持っていた家内に「足」が必要だと思ったからで、もっともいざ免許を取ってしまえば、僕の中の騎馬民族の本性が覚醒し、休みのたびにあちこちと遠距離を走りまわる生活に変容してしまった。時として、その行動範囲の広さに家内のほうが辟易するということもあったはずだ。

 ワーカホリックだった僕は、せめて盆暮れだけは、家内にわがままをさせようと、栃木時代などは早めに飛行機で福島空港から伊丹に飛ばし(家内の実家は伊丹からタクシー圏内だった)、一、二週間後に僕が尼崎まで車で迎えに行くという離れ業をやってのけた。「自分の実家に年に二回、二週間も帰れる嫁さんなんてほかにいないぞ」などという軽口を叩きながら。

 僕らは、子供がいなかった分、親である部分はまったく欠落しているが、夫婦であることにかけてはふつうの家庭よりもお互いの距離は短かった。末っ子で育った僕は家族に愛されることには慣れていても、家族のために身を粉にすることにはあまり慣れていなかった。でも、結婚した時、家内は自分の健康問題でそれなりの覚悟を持って嫁いできた経緯があるし、外出の際の駅への送迎や休日の買い物など、家内を気遣うことは僕には自然なほど幸せなことだったのだ。こう書けば典型的な自己満足型のナルシストに見られる危険性を感じなくもないが、誤解を恐れずに言うならば、それが僕の「幸福のかたち」だったということだ。

 結婚して十三年間の間に、僕の仕事の都合で七回も引っ越した。煩わしい作業ではあったが、七つの場所で過ごした環境の違う生活は、僕らの人生をより変化に富んだものにしてくれた。

 大阪のマンションの10階の部屋のサンルームから二人で眺めた夜景――堺に点々と続くハイウェイのオレンジの灯を僕は懐かしく思い出す。

 休みの日に、奥日光や尾瀬周辺の高原でイオンシャ安利傳銷ワーを浴びながら転寝をしたまろやかな時間。

 一番の田舎暮らしだった栃木時代、些細なことで喧嘩になり、僕は夜中に家を出て車で訳もなく北上した(こういう時でも、僕は妻の体を慮って「出ていけ」とは言えない。自分が出ていくしかないのだ)。一般道をやみくもに進み、仙台市内に入って夜が明け、半田屋という宮城ではちょっと有名な安くて腹いっぱいの定食屋で、さんまだの塩辛だの海の幸で腹いっぱい丼飯を食い、そこを折り返しとして引き返した。途中、家内から電話が入る。

 「あんた、いまどこ?」

 「福島だよ」

 「何してんねんな。高速乗って、早く帰ってきいや」

 何もなかったように語り掛けてくる不自然な平静さ。お互い、まだ不満の余韻は残るものの、一晩を経て、かなりクールダウンもしている。僕は一応、仲直りの貢物として季節のフルーツを見繕ってお土産にする。家に帰ると、僕は何事もなかったように、家内にお土産を渡し、ベッドに横たわる。家内が隣に纏わりついてくる。実のところ、夜も含めて半日も車を走らせてきて、僕自身はまだ、納得できない気持ちが残っていたのだ。

 「なあ、これからこんなこと、何回くらいあるんやろな」

 「知らねえよ。お前が怒らすから悪いんだぞ」

 「ねえ、あなた。今度生まれ変わっても私と結婚する?」

 どこの夫婦も一度は交わすであろうよくある会安利呃人話だ。しかし、僕は当たり前に「うん」と答えるのがシャクで黙ってみた。即答しない僕に、妻の顔に不安が走る。

 「夫婦じゃなくていいよ。君を360度愛そうとすると、親もやらなければいけないし、子供もやらなければいけないからな」

 「いけずやなあ」

 不満の色を少し残した妻の横顔に、僕は留飲を下げる。くそ意地の悪い男だ。

 ケンカも世間並みにしたけれど、僕は幸せだった。

 僕はいつまでも彼女を大切にするだろうし、彼女は僕を信じてくれるのだろう。こんな幸せがいつまでも続くといいなと思った。いや続くものだと信じていた。

 しかし、結局は、この幸せは永遠に続くし、巡って来る未来は幸福なものに決っているという錯覚の中でまどろんでいただけだったのだ。若さの驕りというべきか、生命の驕りというべきか、この世は仮の世界だというように、現実なんてある時、いとも簡単に壊れてしまうものだ。

 夢を見ているのか。夢から覚めたのか。独纖瘦店りぼっちになった僕が、休日の朝、目を覚ます。

 「なあ、きょう、どこに買い物行く?」

 僕は、もうその言葉を吐くことができない。僕は家内に気を遣うことで満たされていたのだと知った。そして、時折、涌いてくる後悔。なぜ、あの時、「何度、生まれ変わっても夫婦がいいな」と言わなかったのか。その言葉を言っていたら、家内はもっともっと喜んだだろう。そこにあった一点の悪意のために、僕はどれほど自分を責めただろう。

 来年は十三回忌を迎える。僕にとって、すべては通り過ぎていった幻ような記憶になりつつある――。

Voir la suite ≫